BORDERLESS

2018年01月11日

目次

イベントコンセプト

BORDERLESS = 境界線がない

Ashglow(以下、僕達)がライブでやりたい事は「感情の共有」
僕達の楽曲に込めた感情やライブで表現・発信する感情、それらを受け取ってくれた皆が抱いた感情を共有できたら最高に楽しいと思ってる。
じゃあ共有をする為には何が必要か?って考えたところ「境界線をとっぱらう」って考えに行き着いた。
でもそれだけじゃ面白くない。

何か新しいことをはじめる時ってすげーワクワクする。
じゃあそのワクワクを皆と一緒に共有して、一緒になってツクれたら面白くなるんじゃないかな?って思った。

ナイなら作ればいい!
そんな思いで僕達はこのBORDERLESSと言うイベントを開催しようと思った!

新しいカタチ

360°フロアライブ

ステージに上がってライブをするのは楽しい!
でも今回ばかしはちょっとコンセプトと違うと思った。
できるだけ境界線はとっぱらう。

メンバーと話をしている最中に「高さ無くそう」ってアイディアがでた。
そんで「みんなが自由な視点から見れる環境をつくれば境界線がなくなるんじゃない?」って!
ついでに全転位カメラを使ってストリーミング配信とか。
そして今回はフロアに椅子やテーブルも設置する、そう360°に。

360°フロアライブは昔から有るライブの形式、別に新しくない。
でも僕らは

  • 全転位カメラを使ってのストリーミング配信
  • 設置する椅子やテーブルも360°

昔からあったフロアライブにこの2つの要素をいれちゃおうって思ったらか新しいって言っていいのかな?って思ってる。 もう既にあったらごめんなさい

スクリーンライブ

最近はライブに行かずYoutubeなどと言った動画配信サービスでライブ動画やPVを見て完結するって人は多いと思う。
音楽界隈ではよく「もったいない」とか「ライブはやっぱ生でしょ」などと言う話もちらほら、、、
でも僕達は思っている「時代のニーズがそれだからそれでよし」と。
別にどちらも否定をしているつもりはない。
「どっちも良さがあって良い!」と思ってる。

じゃあそこで1つアイディアがでた。

  • 動画配信サービスで流している動画を「デジタル」
  • 生のライブを「アナログ」

という感じとする。

アナログ×デジタル
って言うごちゃまぜの感じ面白くない??って

スクリーンで出演バンドのPVやライブ動画を投影、そのスクリーンの前でライブをする。
良いか悪いかはやってみないとわからない。
んじゃ、やろっか!ってなりました!
もう既にあったらごめんなさい(もう既にあると思う)

サロンイベント

こればかしは良い単語のチョイスが思い浮かばなくて仕方がなく「サロンイベント」って単語を使った。

ライブを見ながら、ゆったりとした環境で飲んだり食べたりして、いろんな人と話す!そして友達をツクル!って感じ。
もちろん出演者の僕達もtheThursdayも一緒になって飲んだり食べたりしながら会話をタノシム。
だってさ境界線を取っ払うのってまずは、フラットな関係にならないと行けないと思う。
話をして一緒に飲んだらさ、大体の人は距離が縮まっていい感じになると思う。
僕らはそういう意味でも境界線をとっぱらう。

アフターパーティ

これはBassのNUMAが個人的にしたかったこと。
いつもライブが終わってから打ち上げって流れになるんだけどさ
よく思うのが、あー俺たちのライブを見てくれてる人たちと一緒に飲んだりしてみたいな〜って
そんで一緒にばかみたいなことをしたいって
そして一番はお客さん同士が繋がって友達になってもらうこと!
「このイベントで友達ができてさ、こんど飯食べにいくんだよね!」
こんな言葉をもらえたらすごい嬉しいです。

今回皆のお許しがでたので開催しちゃおうと思う!やったー!
ちなみにですが、アフターパーティーのみの参加ももちろんOK!
でも特に予定がないのならちゃんとライブ見てね

経緯

ギターMasatoが入ってからは「このバンドではオモシロイことを真面目にしていきたい」と決めていた
オモシロイことって大体が新しくはじめることだったりする
でも新しいことをするには賞味な話「お金がかかる」

でもそこにチカラ強い協力者がいた

Re:Action

Re:Actionという北九州のイベント企画・音響団体
彼らがこの話をもちかけてくれたから実現できるイベントだった。
まじありがとう。
彼らもまた僕達と同じような考えをもっており「北九州という街で音楽をつかってオモシロイことをしたい」と思っている団体である。
めっちゃ大好きな人達。

theThursday

そして今回出演を快諾してくれたtheThursday
彼らは昔から仲良くさせてもらってる、なんかすげー波長があう感じ。
このイベントについて「もっとこうしたらおもろいんじゃないすか?」とかアイディアをくれる
一緒になって作ってる感じ!すごい楽しいっす。

そんな彼と一緒にオモシロイもの作っていきます。

そんな仲間がいて実現が決定となったイベント「BORDERLESS」
彼らと組んでめっちゃオモシロイことをやりはじめようと思います
結果も大切だけど、まずははじめることが大切だと思ってる

ねーねーみんな!いまからオモシロイこと始まるから遊びにきてよ!!!

高校生無料とチケット価格

今回はあえて高校生を無料、チケット価格もできるだけ低価格にした。
理由としては「できるだけ多くの人に携わってもらいたい」と言う願い。

何か新しいことをはじめる時ってすげーワクワクする

僕たちはできるだけ多くの人と一緒にそのワクワクを共有できたたらなーって
みんな巻き込まれちゃえばよいと思っています!
僕たちはそうやって新しいモノ・コトってうまれるんじゃないのかな?って思ってる。

なのでみんな気軽に遊びに来てほしい!
お金に余裕があるのなら是非ともアフターパーティに参加してほしい!
そんで一緒に笑ってほしい!
よかったら友達も誘ってみてください!

さいごに

思いのまま書いた文なので誤字脱字やわかりにくい箇所が多々あると思います
それでも最後までよんでくれてありがとうございます!

この記事で伝えたかったのは「僕達はみんなと一緒に笑っていたい!」ということです!
よければイベントへの参加、SNS等での記事の拡散をしくれると嬉しいです

ミンナでツクル、それタノシイ!
よろしくお願いします。

Ashglow メンバー一同